お知らせ

INFORMATION

北包連通信
2021.9.13

北包連通信Vol.46 次亜塩素酸ナトリウム

 

 

 

「ノロウィルス対策、万全でしょうか?」

 

 

 

9月に入り朝晩の気温差も大きくなり始め、秋の空気が漂う季節になりました。

 

コロナ禍の現在でも毎年10月を過ぎたあたりから

 

ノロウィルスの感染が増え、各自治体で感染胃腸炎警報が発令される程

 

流行期を迎えます。

 

 

 

秋・冬は気温と湿度低い”低温低湿”の状態にあり、

 

この低温低湿時にはウイルス自体の生存期間が長くなると言われております。

 

我々ヒトも夏に比べ、水分を積極的に取らなくなることも重なって

 

口内やのどなどの粘膜が渇きがちになり、

 

ウィルスが吸着しやすい状況になってしまっております。

 

 

 

ノロウィルスはエタノール製剤(アルコール)では、完全に不活性化できず、

 

次亜塩素酸ナトリウムで除菌・殺菌を行うことを

 

厚生労働省でも推奨されております。

 

日々の清掃、うがい手洗いはもちろん、器具や備品等の除菌・漂白を

 

しっかりと行い、ノロウィルス対策を進めていきましょう。

 

 

北包連(株)では今回ご紹介した商品以外にも各用途に特化した

 

次亜塩素酸ナトリウム配合の除菌剤を多数取り扱っております。

 

現状の除菌方法に不安があったり、コスト面でのご相談も承っておりますので

 

各営業担当までご連絡お願いいたします。

 

添付ファイル(PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader日本語版が必要です)

https://www.hopporen.co.jp/hopporen_wp/wp-content/uploads/Vol.46_次亜塩素酸ナトリウム.pdf

お知らせ一覧へ戻る
CATEGORY